10,000円(税込)以上購入で送料無料 / 新規会員登録で1,000ポイントプレゼント

<特集>香りとワインセット

  • セット
  • 送料無料
  • 750ml×6
クール便発送可
商品番号 W292660

第一線のソムリエと香りのプロがレクチャー!
ワイン×香りの関係を深堀する特集セットです。(動画付き)

販売価格 ¥ 12,000 税込
120 ポイント進呈
送料込

送料とお支払い方法について

商品説明

原産国 1:スペイン
2:スペイン
3:スペイン
4:フランス
5:スペイン
地方地区 1:ガリシア州オウレンセ
2:ガリシア州オウレンセ
3:カスティーリャ・イ・レオン州/ルエダ/ラ・セカ村
4:コルビエール
5:アンダルシア州/へレス・デ・ラ・フロンテラ
格付 1:DOリベイロ
2:DOリベイロ
3:DOルエダ
4:IGPヴァン・ド・ペイ
セパージュ 1:トレイシャドゥーラ90%、アルバリーニョ5%、ゴデーリョ5%
2:トレイシャドゥーラ90%、アルバリーニョ5%、ゴデーリョ3%、ロウレイラ2%
3:ソーヴィニヨン・ブラン100%
4:ヴィオニエ100%
5:パロミノ、モスカテル
1:ボデガス カサルデアルマン
ガリシア州オウレンセのリバダビアに4世代にわたり伝統を守ってきた家族経営のワイナリーです。19世紀後半に先代が獲得したリベイロの土着品種の畑は90年代に失われるという苦難を乗り越え、トレイシャドゥーラを改植し、アビア峡谷の斜面上の畑を復興させ標高200~300Mの斜面にトレイシャドゥーラ、ゴデーリョ、アルバリーニョ、ロウレイロ、カイーニョブランコといったガリシアの白品種、赤はソウソン、カイーニョロンゴ、ブランセリャオを取り戻しました。現在20haの土着品種の畑を所有しています。畑では伝統にも則りながらサステナブル農法を用いできる限り環境に配慮した取り組みをしており、リベイロのリーダー的存在を発揮しています。他にも先代が手に入れた120年前の区画わずか2haのトレイシャドゥーラの畑を復活させるプロジェクトも手掛けており、伝統を尊重し日々質の高いワイン造りに情熱を注いでいます。ワイナリーはアビア峡谷の美しい景色が広がる丘の上にあります。6部屋を備えたホテルと郷土料理を提供するレストランを有しこの地のワインツーリズムの中心になっています。

2:フィンカ ビニョア
ガリシア州オウレンセのバンガ村にある「フィンカ ビニョア」はソカルコスと呼ばれる階段状の畑に12ha所有し、標高380~180mのアビア峡谷の傾斜にあります。日照量を得るため南、南東または南西向きに面しています。リベイロは歴史書によると紀元前にワインが造られておりローマ皇帝も飲んでいたという記録が残されており歴史的に非常に古いワイン産地でした。シトー派修道会がレイロの町に修道院を建てサンティアゴの巡礼路が活況を呈すると、12世紀頃には巡礼路を歩く巡礼者によってリベイロ産ワインが飲まれ16世紀にはイギリスへ輸出されるなど栄華を極めた時代もありますがその後の陸上交通網の発達による他産地の台頭や19世紀に広がった病害の影響によりぶどう栽培は衰退していきます。ワイナリーは20年以上前にホセ・ゴンサレスがプロジェクトを興し、畑を再生しかつての名声を取り戻すこと、土着品種にこだわり、質の高いこの地ならではのワインを造ることを目的に始まりました。近年はコンクールや各ワイン誌などでハイスコアを獲得し実力が認められています。(DOリベイロは1932年にはリオハやヘレスとともに原産地呼称産地(DO)として認可されていました。)

3:ボデガス・ナイア・ビニャ・シラ
ガリシアで白ワインの巨匠とされるハビエル・アレンとスペインのワイン雑誌“Vinos Y Gastronomia”の創業者兼ディレクターであるビクトル・ロドリゲス、そしてルエダの有名な造り手、エウロヒオ・カジェハらが、ルエダのグランクリュと呼ばれるラ・セカ村に設立したワイナリーです。ベルデホ100%の既存のナイア、ソーヴィニヨン・ブランを15%加えたカナイアに加え、ソーヴィニヨン・ブラン100%のソナイアがラインナップに加わりました。2013が初ヴィンテージ。生産本数 10万本。

4:シャトー・エタン・デ・コロンブ
シャトー・エタン・デ・コロンブは、もともとナルボンヌ大司教が所有していたものですが、18世紀に国が葡萄畑を没収し、その後様々な家族の手に渡っていきました。 1980年代の初頭、この葡萄畑はコルビエールで最初のワインメーカーの一人であったアンリ・グアルコに委託されました。彼は全てのワインをボトルリングし、ワインの熟成のため地下セラーに投資しました。葡萄畑は80haあり、コルビエール(グルナッシュ、カリニャン、シラー、サンソー、ムールヴェードル、ブルブーレンツ、マカベオ、ヴィオニエ)の主要品種が栽培されています。彼はシャトー・エタン・デ・コロンブをこの地域のトップに導き、さらに、この地域の宣伝を積極的に行っています。数多くの地元組織の会長であり、独立したワイン生産者の最大の組織「レ・ケーブ・パルティキュリエール」の国家会長も務めています。妻のフランソワーズと息子のクリストフと共に、この地域の主要なワインメーカーとして愛情と情熱を持ってシャトー・エタン・デ・コロンブのワイン造りに取り組んでいます。1990年代初頭、彼らは同じような大きさの近隣のワイナリーであるシャトー・セント・ジェームズを購入し、このワイナリーを徐々に再構築し、葡萄の植え替えを行っています。2012年から4代目のクリストフ・グアルコが、この地域の特徴を最大限に引き出したシャトー・エタン・デ・コロンブのワインの品質を維持することに取り組んでいます。また彼はバラエタルワインの生産、特にレイトハーベスト・ヴィオニエと新なワイン造りにも取り組んでいます。

5:ルスタウ
1896 年に一人のアルマセニスタによって設立されたスペイン屈指のシェリーメーカーです。1945 年から自社ブランドのボトリングを開始し、1991 年にはプレミアムシェリーの代名詞にもなっている「アルマセニスタ・シリーズ」を発表。現在ルスタウ社は、クオリティ・シェリーのベンチマークとして、最も信頼されるブランドの一つに数えられています。

この商品のレビュー

この商品を見た人がよくチェックしている商品

最近チェックしたアイテム